飲泉の糖尿病への効果

飲泉が糖尿病に効くって本当なの?

飲泉は、文字通り温泉水を飲むことを指します。ヨーロッパ諸国は古くから飲泉が体に良い作用を持っていることが注目され、現在も飲泉が盛んです。温泉地が医療と結びついた療養地となっているケースも多く、とても長い歴史を持っています。

日本でも近年飲泉の健康効果に注目され、飲泉所を設置する温泉地や施設が増えてきています。飲泉がなぜ、健康に良いと言われているのか、また糖尿病にも効果があるという話は本当なのか明らかにしてきます。

入浴と同じように体に作用する

北海道大学保健管理センターの大塚吉則氏をはじめとする4名が行った実験によると、飲泉は糖代謝にも非常に良い影響をもたらすことが明らかになっています。
温泉水は川湯温泉とあすかの湯の2種類で、1回の飲泉効果を調べる目的で調査されました。その結果、川湯温泉を飲泉後は、水道水を飲用した後に比べて血糖値の上昇が抑えられ、長期効果も得られたそうです。あすかの湯でも、血糖値の改善が認められました。
これらの結果から、飲泉は糖尿病の血糖値の改善効果が期待できるとして、禁忌症がなければ試みて良い治療法だと提言しています。

有効成分が豊富

線質により含まれている成分の種類や量は異なりますが、温泉には血糖値に対して有効な成分も多く含まれています。胃炎や血糖コントロールに良いと言われる炭酸水素塩泉や、インスリンの生成を促す働きを持つ硫黄泉などです。

主な有効成分

  • マグネシウム
  • カルシウム
  • 硫酸イオン(サルフェート)
  • 炭酸水素イオン

近くに飲泉地がある人はそこへ、ない人はペットボトルの温泉水などを

飲泉は高い効果が期待できると言われていますが、どこの温泉でも飲めるわけではありません。日本では保健所から温泉の飲用許可を得ることになっています。温泉が口から直接体内に入るので、新鮮な温泉を飲むことも絶対条件です。必ず、飲泉所などの飲泉施設の温泉を飲むようにしましょう。

とはいえ、飲泉施設は限られています。身近に飲泉施設がない人の方がほとんどでしょう。こうした方は、温泉水を無菌パッケージしたペットボトル型の温泉水を活用するのもおすすめです。

泉質によって違う飲泉の効果

泉質の違いによって期待できる効果にどのような違いがあるのかを調査しました。禁忌症もありますので飲泉をする場合は特に注意して正しい知識を身につけるようにしてください。

主な温泉水の泉質

  • 単純温泉
  • 塩化物泉
  • 炭酸水素塩泉
  • 硫酸塩泉
  • 二酸化炭素泉
  • 含鉄泉
  • 酸性泉
  • 含よう素泉
  • 硫黄泉
  • 放射能泉

塩化物泉は胃腸病や慢性便秘によいとされ、硫酸塩泉には傷みを和らげる鎮静作用、含鉄泉には更年期障害に効くなど泉質によって効果はさまざまです。この中で糖尿病への効果が期待できるのは硫黄泉とカルシウム・マグネシウムを多く含む炭酸水素塩泉です。これらは含まれる成分の性質上、飲用した場合に効果があると考えられています。

飲泉で得られる効果と注意点

温泉はミネラル成分が豊富に含まれており、泉質によっては糖尿病に限らず痛風や高コレステロール血症、胃十二指腸潰瘍などに効果が期待できる成分が含まれています。入浴すればリフレッシュ効果もあるので健康のために温泉を利用する人も多くいます。
飲泉すると直接体内に成分を取り込むことになるため高い効果が期待できますが、注意すべき点もあります。どれだけ糖尿病に効果がある成分が含まれていても、濃すぎたり衛生・安全面で飲用を許可されていない温泉が多いということです。
また飲泉できても必ず誰にでも効果があると保証されるものではありません。体質によっては胃腸に負担をかけてお腹を壊してしまったり、かえって症状を悪化させてしまうことがあることも理解しておかなければなりません。

TOP