糖尿病の基礎知識

日本の
糖尿病患者・予備軍は
約2,000万人

糖尿病は、血液中のブドウ糖の濃度が高い状態が続く病気です。放置すると、臓器や神経などの組織に異常が起こり、命にかかわるような合併症が起こる危険性が高くなります。
平成28年に厚生労働省が行った調査によると、糖尿病が強く疑われる人は約1,000万人、糖尿病予備軍の人は約1,000万人もいることが明らかになっています。

残念ながら、糖尿病は一度発症すると元の状態に戻すことは不可能です。しかし、予備軍の段階なら適切な血糖コントロールにより発症を防ぐことができます。糖尿病に対する正しい知識を持ち、予防に努めましょう。

そもそも糖尿病とは

生活習慣病のひとつである糖尿病。よく耳にする病気ではありますが、原因や症状、発症の仕組みを知らない方は意外と多いようです。そもそも糖尿病とはどんな病気なのか、原因や発症するメカニズム、症状などを解説します。また、糖尿病を診断する上で欠かせないワードとなる「血糖値」や「ヘモグロビンA1c」、「インスリン」についてもそれぞれご説明します。糖尿病の仕組みを知り、適切に対処していきましょう。

原因

糖尿病は初期段階では自覚症状に乏しく、気付かないまま進行してしまうことが多い病気です。重症化すると、さまざまな臓器に負担がかかり命に係わる病気を引き起こすこともあります。糖尿病には、いくつかの種類があり、それぞれ原因が異なります。タイプ別に発症の原因を解説しますので、ぜひご参考ください。

症状

先述の通り、糖尿病は国民病のひとつと言われているくらい、患者数の多い病気です。しかし、「自分には無関係」と思っている方も多く、発症のサインを見過ごしてしまい、対処が遅れてしまうこともあります。糖尿病は一度発症すると、今の医学では元の状態まで戻すことは不可能です。重症化すると、臓器や神経など、体の至る組織に害を及ぼし、命を落とす危険もあります。糖尿病の初期症状を知り、糖尿病予備軍の疑いがある場合は、速やかに対処しましょう。

種類

糖尿病には大きく分けて4つの種類があります。生活習慣病とされるのは2型糖尿病ですが、ほかにも1型糖尿病、二次性糖尿病、妊娠糖尿病があります。それぞれの原因、症状、特徴を解説します。

血糖をコントロールする

糖尿病は風邪やケガのように治療をすれば治るものではありません。食生活の見直しや運動を取り入れ、必要に応じて薬物療法を行いながら、気長に血糖コントロールをしていくことが必要な病気です。予備軍や初期段階で発見できれば、重症化を防ぐことができます。少しでも健康的な生活を続けるために、根気よく血糖コントロールに取り組んでいきましょう。

TOP