糖尿病の予防方法

糖尿予備軍と診断されたら…

生活習慣病のひとつである2型糖尿病は、血糖値が突然高くなるわけではありません。一般的に、何年もかけてゆっくり血糖値が高くなり、糖尿病になります。糖尿病と診断するほど血糖値が高くはないけど、正常値よりも血糖値が上昇している状態を糖尿病予備軍と言い、将来糖尿病を発症する可能性が高いとされています。予備と言われる状態でもすでにインスリンの働きが弱まっているため、適切な対処が必要です。

糖尿病(2型)のリスクを
高める原因は?

そもそも、糖尿病は何が原因となり発症するのでしょうか。引き金となる要因を見ていきましょう。

年齢

糖尿病の原因はさまざまありますが、年齢と共に糖尿病のリスクは高まります。その背景にあるのが、インスリンの分泌低下です。年を重ねると、インスリンの作用が弱まり、分泌量や減ったり、働きが悪くなったりします。高齢者の場合は、身体機能が低下しているので症状に気付かないまま進行し、糖尿病の合併症がかなり進行してしまうことがあります。

肥満指数

肥満になると、すい臓などの組織がフル稼働し、インスリンを増産して糖の代謝を促して肥満の事態に対応しようとします。この状態が続くと次々と以上が起こり、糖代謝のサイクルが乱れ、今度はインスリンの分泌が不足する事態に陥ります。この結果、血糖値が上昇して糖尿病を引き起こしてしまいます。

家族の既往歴

遺伝が全てではありませんが、家族に糖尿病の患者がいる場合は、「糖尿病にかかりやすい体質」であることは事実です。もともと、糖尿病になりやすい体質なので、食べ過ぎや運動不足、肥満、加齢、ストレスなどの要因が加わると、糖尿病を発症するリスクが高まります。糖尿病の家族歴がある人は、普段から生活の自己管理をきちんと行い、未然に防ぐことが大切です。

高血圧

高血圧の人が糖尿病を併発する頻度は、2~3倍と言われています。高血圧と糖尿病は、ともに密接な関連があり、糖尿病と高血圧を併発した場合の死亡リスクは6~7倍にもなることが分かっています。高血圧と糖尿病はともに、メタボリックシンドロームが関わっていることが多く、対策を行い内臓脂肪の蓄積を解消する必要があります。

喫煙

たばこと糖尿病の関係については、国内外の研究で明らかになっています。たばこを吸うと交感神経が刺激され、体内のインスリンの働きを妨げられてしまうため、高血糖の状態に陥りやすくなります。そのため、喫煙本数が多い人ほど糖尿病にかかりやすく、禁煙した人はリスクの低下がみられています。また糖尿病にかかった人がたばこを吸い続けると、治療の効果が弱まるほか、脳梗塞や心筋梗塞・糖尿病性腎症などの合併症のリスクが高まることが分わかっています。

過度な飲酒

アルコールは、アルコール自体の作用や、アルコールの代謝によって血糖値に影響を与えます。大量に飲み続けると血糖値を下げる働きをもつ、インスリンの作用が不足する「インスリン抵抗性」に影響し、糖尿病のリスクを上昇させることが明らかになっています。また、アルコールは食欲を抑制するホルモンを減少する作用もあり、脂分の多い食事を摂ることで、血糖値に悪影響を与えてしまうというリスクもあるので注意が必要です。

糖尿病にならないための
予防策

糖尿病にならないためには、まず日常生活を見直すことが大切です。はじめは大変かもしれませんが、出来ることから毎日コツコツと続けましょう。以下のポイントを守って糖尿病の発症を防ぎましょう。

  • 食事を腹八分目に抑える
  • 積極的な野菜摂取
  • 軽い運動からでも始められるようにする
  • 体重を5~10%減らす
  • 禁煙する
  • 健康診断を受ける
  • ストレスと上手に付き合う

糖尿病は高血糖の悪影響がじわじわと体に広がっていく病気です。進行すると、週に3回、半日がかりで透析を受けなくなったり、失明する恐れが出てきたり、手足にひどいしびれが起きたり、さまざまな合併症を引き起こします。このような合併症を起こさない為にも、食べ過ぎに注意し、体重を適正にコントロールしたり、運動を取り入れたりして、院インスリンの働きを良くすることが大切です。

TOP