糖尿病患者が食べてもいいもの悪いものリスト【肉類】

肉類

meat

肉類は糖尿病に良いのか?

現代日本の食卓では欠かせない存在となっている肉類。魚料理よりも肉料理の方が食卓に並ぶ回数が多い、といった家庭も多いのではないでしょうか。

私たちにとって身近な肉類は身近な食べ物のひとつですが、糖尿病患者や予備軍の方にとっては注意です。それは、牛肉や豚肉などの赤み肉には、糖尿病の発症リスクを高める可能性があるという結果が報告されているからです。

この研究はシンガポール在住のアジア人集団を対象に行われたもので、赤身肉に含まれるヘム鉄が原因となり、2型糖尿病のリスクを高める可能性が高いというデータが出ています。約11年に渡る調査によると、2型糖尿病の発症リスクは、赤身肉では23%も高かったことが分かっています。

この研究は同じアジア人集団の結果である為、日本人の予防対策にも通じるものだと考えられています。

肉類の食べていいもの
・悪いもの

肉類が糖尿病のリスクを高めるとはいえ、すべての肉類の摂取を諦める必要はありません。肉類でも部位によっては摂取できるものもあります。また、調理方法を蒸す・煮るなどすれば、余分な脂肪を取り除くこともできます。

食べて
いいもの

  • ・牛・豚・鶏のかた肉、ヒレ肉
  • ・鶏肉のむね肉、ささみ

食べて
悪いもの

  • ・牛肉や豚肉の赤身肉
  • ・牛・豚・鶏のレバー

なぜ食べていいのか?

見牛・豚・鶏のもも肉、かた肉、ヒレ肉

赤身肉には飽和脂肪酸が多く含まれており、インスリンの分泌に悪影響を及ぼすと考えられています。しかし、赤身肉の中でも比較的脂肪が少ない、もも、かた、ヒレなら適量であれば食べても大丈夫です。悪玉コレステロールや中性脂肪が増えるリスクが低いため、食事制限が必要な糖尿病患者にとっても摂取できます。

鶏肉のむね肉、ささみ

肉類の中で、最もお勧めとされているのが取鶏の胸肉、ささみ肉です。タンパク質が豊富に含まれており、脂肪も少ない部位です。インスリンの分泌を阻害するヘム鉄の心配がないので、糖尿病の人でも摂取できる肉類として推奨されています。

なぜ食べていけないのか?

牛肉や豚肉の赤身肉

赤身肉にはヘム鉄や飽和脂肪酸などが含まれていて、インスリンの感受性や分泌の低下をもたらし、糖尿病のリスクが上昇すると考えられています。肉類を完全に除去する必要はありませんが、赤身肉の摂取量を減らし、胸肉に置き換えるなどの工夫が必要です。

牛・豚・鶏のレバー牛・豚・鶏のレバー

赤身肉と同様、レバーにはヘム鉄が多く含まれている為、糖尿病患者屋予備軍の人にはおすすめできません。肉類のなかでもレバーは特にヘム鉄の含有量が多いため、より気を付ける必要があります。

TOP