糖尿病食べていいものリスト【イモ類】

イモ類

tubers

イモ類は糖尿病に良いのか?

サツマイモ・ジャガイモ・里芋などのイモ類は、植物の根や地下茎という部分にでんぷん質が蓄積されて肥大したものを言います。でんぷんは炭水化物の一種で、小腸でブドウ糖まで分解されてから吸収されます。ブドウ糖が血管内に入ると血糖値が上昇し、血糖値が上昇するとインスリンが分泌され、ブドウ糖が脂肪に変換されます。このようなことから、イモ類は食後の血糖値の上昇を引き起こすリスクのある食材だと言えます。
イモ類は野菜に分類されますが、糖質を多く含んでいる為、食事の前の摂取が推奨される青菜や海藻、キノコ類などとは違い、できるだけ食後の摂取が望ましいとされています。
とはいえ、イモ類は栄養価が高く、食物繊維も豊富に含んでいます。量さえ気を付ければ、血糖値にも良い働きをもたらしてくれますので、毎日の食事に上手く取り入れていきたいものです。
なかでもサツマイモは食物繊維が豊富に含まれていますし、栄養価の高い食べ物です。血糖値をコントロールする働きも確認されていますので、生活習慣病予防にも期待が持てます。サツマイモはじっくり加熱をするとでんぷんが血糖値を上げる麦芽糖に変化してしまう為、調理方法には注意が必要です。糖尿病の方が摂るのであれば、GI値がほとんど変動しない、ふかし芋で食べるのが良いでしょう。ただし、1日60gくらいを目安にし、食べ過ぎないようにしてください。

イモ類の食べていいもの
・悪いもの

炭水化物としてみなされるため、イモ類は食べ方や食べる量に注意が必要ですが、栄養価が高い為、摂り過ぎに注意すれば健康にも有意に働きます。適切な摂り方を知り、健康管理に役立てましょう。

食べて
いいもの

  • ・サツマイモ
  • ・サトイモ
  • ・ヤマイモ

食べて
悪いもの

  • ・ジャガイモ

なぜ食べていいのか?

サツマイモ

先述の通り、サツマイモは食物繊維やミネラルが豊富に含まれており、低GIに該当するため糖尿病の人でも安心して食べられます。食べすぎに注意しながら、バランス良く摂っていきましょう。

サトイモ

サトイモはイモ類のなかでも食物繊維を特に多く含んでいます。また、塩分を排泄する働きを持つカリウムが豊富で、カロリーも控えめ。健康にもとても良い食材です。ただし、こちらも食べ過ぎには注意しましょう。

ヤマイモ

特有のネバネバとしたぬめりは食物繊維の一種で、ムチンと呼ばれる成分です。ムチンは、腸の中でほかの食べ物を包みこみ、糖質の吸収を抑える働きを持っています。インスリンの分泌量を減らし、すい臓への負担を軽くしてくれます。加熱するとムチンが壊れてしまうため、生で摂るようにしましょう。

なぜ食べていけないのか?

ジャガイモ

ジャガイモにも食物繊維が豊富に含まれていますが、糖質が多くカロリーも高いため、血糖値の上昇が懸念されます。食べ過ぎると食後の血糖値が上昇したり、血糖値を下げるインスリンの値が上昇すると言われています。ジャガイモを週4回以上食べる女性は、月1回未満の女性に比べて高血圧の発症リスクが11%も高まる、との研究報告も発表されています。

TOP